魂日記 ~Damacy's Diary~

カップ麺ソムリエ(自称)のアウトドア/旅行/お金に関する雑記

2021年初の海上釣堀は水宝で

会社の同僚に誘われて海上釣堀水宝に行ってまいりました。

 

前回年末の釣り納めに行った時と全く同じ釣果でした。

釣果サマリ

・ハマチ 2匹

・マダイ 9匹

 

夏、秋に行った時より魚種が多いように感じました。

白鷺サーモンがたくさん放流されていましたし、イシガキダイも目視できました。

ただ、マダイは夏や秋に比べるとやや小ぶりでした。

 

f:id:damac:20210327213801j:plain

 

今回同僚に告げられた集合時間はなぜかいつもより早く5時45分。

おかげで姫路港から水宝まで2便出ているうちの、第1便に乗ることができました。

早く着くメリットは何かというと、到着時刻から釣り開始時刻まで時間があるので、ゆっくり準備することができます。今回は水宝への到着時刻が7時過ぎ、釣り開始の8時まで1時間弱あります。浮き釣り用ロッドと探り釣り用のロッドの2本を用意しても始まるまでのんびりする時間がありました。

 

朝は爆釣タイム。水宝は朝の1時間は練餌縛りがあります。最初にタイをたくさん釣ってもらおうということだそうです。

生簀の活性も上々で、タイがバンバン釣れます。タイ4匹ほど釣ったところでマダイイエローに変更したところ、ウキが一瞬で沈みました。青物です。同生簀の方にはしかけを上げていただき、一人楽しませていただきました。

 

この時、ダイワのスイープファイアという糸付きで3000円くらいのリールを使っていたのですが、バックラッシュ発生。やり取りの最中に糸が大量に放出されてしまいました。

これはばらしたかなと思ったのですが、ドラグ締めこみ、絡んだ部分を巻き取った後もまだ魚はついていました。危ない危ない。その後は冷静にやり取りして取り込むことができました。

ドラグ調整はしていたつもりでした。安いリールはドラグがだめだとよく聞いていましたが、スイープファイアもドラグの細かい調整は苦手なようです。

 

その後9時をまわり、練り餌が以外の餌が解禁された後は同僚や別グループの方も青物何匹も釣っていました。 そんな中、同僚がメジロをばらしたのですがその後 パタッと釣れなくなりました。

青物をばらすと活性が下がると聞いたことはあったのですが、本当に釣れなくなるものなのですね。今回初めて実感しました。

 

隣の生簀はぽつぽつ上がるのですが、我々の生簀は一時間ほど何も当たらず…。

完全に活性が下がっていると判断し、タイを釣って活性を上げようとマダイイエローときびなごでタイ、あわよくば青物狙いに変更。タイはすぐに釣れ、やや活性が上がったのかタイ2匹、メジロ1匹を追加できましたが、生簀全体では他にあたりは出ず。そのままタイムアップです。

 

釣果は下の写真くらい。中々たくさん釣ることができました。

また、ほかにもお土産に白鷺サーモンもいただきました。  

 

f:id:damac:20210327213619j:plain

 

今回は結構釣ることができました。また、海上釣堀のジンクスを実感しました。ばらした後は活性が下がるとか、活性が下がっているときは生餌は良くないとか。

また行きたいです、次はボーナスが出たらですかね。

 

◇タックル情報

■ウキ釣りタックル

・PROMARINE BLUEBAY磯 4号

・ダイワ スイープファイア 3500番

・ウキ3号

・針 10号

・ハリス 4号

 

■探り釣りタックル

・シマノ SEAMARK 探りM350

・ダイワ トライソ 2500番

・針 9号

・ハリス 4号