魂日記 ~Damacy's Diary~

カップ麺ソムリエ(自称)のアウトドア/旅行/お金に関する雑記

大容量のホットサンドメーカー:ホットサンドベーカーをふるさと納税返礼品でいただきました

ふるさと納税

 

昨年は久々(2年ぶりくらい)にふるさと納税をしました。

ふるさと納税が始まったばかりのころ、返礼品がモンベルポイント50%とかやっていたころにはふるさと納税していたのですが、最近は規制強化されてからはふるさと納税をやっていませんでした。

ただ、昨年は登山趣味からおすすめの返礼品を教えていただきました。今回紹介したいと思います。

 

ホットサンドベーカー

その商品とはホットサンドメーカーのホットサンドベーカーです。

ホットサンドベーカー

 

この商品を使用し始める前に利用していたホットサンドメーカーはもともとアマゾンで売っている安いものを利用していました。これはこれで軽くて良いのですが、ほかのものを試してみたくなり、ふるさと納税で手に入れました。

 

ふるさと納税先は兵庫県加西市です。

加西市にはホットサンドベーカーを製造しているアサヒ金属の工場があり、地元のものということで返礼品になっているようです。

加西市には加西アルプスという250mくらいの低山によって構成されるご当地アルプスがあるのすが、ここは良いところです。300mに満たない低山なのに満足いく稜線歩きを楽しめます。

 

グッドポイント

良いところは下の2点ですね。

①大容量

 一番のメリットは容量です。ホットサンドベーカーはパンの中心が非常に深くたくさんの具をはさむことができます。

一般的なホットサンドメーカーでは同じ量を入れると隅からはみ出してくるのですが、ホットサンドベーカーでは中央がへこみ大容量の具を入れることができます。

 

②洗いやすい

上下のパンが分離式なので洗いやすいです。

フッ素加工になっており、焦げづらく、ソースなんかも簡単に落ちてくれます。洗いやすいのはめっちゃいいです。

バッドポイント

やや重いことです。メーカー公式で0.5kgです。

そこまで重いわけではないのですが、もっと軽い製品はありますね。例えば、キャプテンスタッグのホットサンドメーカーは330gです。

登山で使いたい、かつ、100g軽くしたいというような方はほかに選択肢があります。家で利用する分にはデメリットにはならないと思います。 

ホットサンド作ってみました

 ディアボラ風チキンのホットサンド

■材料

・鶏もも肉 150g

・食パン 2切れ(6枚切り)

・オーマイ 激辛アラビアータ 1袋

 

f:id:damac:20210127005708j:plain

 

■作り方

1.鶏肉をアラビアータソースで焼く。

2.鶏肉と食パンをホットサンドベーカーではさみ、焼く。

3.完成。

 

 写真だと真ん中がいい感じに膨らんでいます。まだ余裕がありそうです。200gでもいけそうです。

やっぱり具の量が多く、食べ応えがありました。パンも香ばしく焼けていておいしかったです。大満足です。

断面の写真も撮っておけばよかったですね。

 

ほかの返礼品

ちなみに、寄付金枠に余裕があったので魚をさばくように出刃包丁と刺身包丁のセットを購入したのですが、包丁2本洗うのが面倒で全然使っていないです。さばくのも刺身にするのも三徳包丁を使っています。